‘インフォメーション’ カテゴリーのアーカイブ

2020 年 10 月 16 日 金曜日
アスベスト含有分析調査

建物にアスベストが含まれているかどうか、
調査を求められる場合があります。
例えば、建物の解体・改修を行う場合には『事前調査』として
法で定められており、建物の売買貸借等に於いても
その結果が求められることがあります。

石綿は不燃性、耐熱性、耐腐食性に優れ、長い間
非常に多岐にわたって利活用されてきました。
特にその大半は建築物に使用されていました。しかし、
石綿を吸入することにより中皮腫や石綿関連肺がんなどの
健康障害を生じさせる恐れがあることが明らかになっており、
建築物を維持管理する上ではそのリスクに応じて適切に管理・
除去しなければなりません。
建築基準法では平成18年より吹付けアスベストなどの使用を禁止し、
建築物の所有者に対して増改築時に除去することを義務付けています。
さらに特殊建築物については吹付け石綿等に関する調査結果を
定期調査報告書に記載し報告することとなっております。

弊社では、アスベストが含まれているか否かの
調査も承っております。
20200910-101431 20200910-101816 20200911-095838

20200911-100004 20200911-100206 20200911-100900

dscf2045 dscf2049 dscf2053

dscf2055

2020 年 10 月 16 日 金曜日
コンクリートの中性化

中性化とは、二酸化炭素によって生じる
鉄筋コンクリートの劣化の一つです。
コンクリートの主成分がセメントであるため内部はアルカリ性ですが、
大気中の二酸化炭素がコンクリート内に侵入することによって
中性になると鋼材の不動態被膜※が失われてしまい、
鋼材を腐食させ腐食生成物の体積膨張により、コンクリートの
ひび割れ・剥離を引き起こし、耐荷力など構造物の性能に低下が生じます。
また、ひび割れが発生したコンクリートは更に二酸化炭素の侵入を促すため、
中性化によるコンクリート構造物の劣化、雨水等の浸入による鉄筋の腐食を
加速させてしまう可能性があります。
一般的に湿潤状態より乾燥状態の方が中性化の進行は早いと言われています。
※不動態被膜とは、強アルカリ性のコンクリート内にある鉄筋の表面に形成される
 ごく薄い酸化被膜のことで、発錆を防ぎます。

【 中性化による問題 】
中性化が進行し、コンクリート内部の鉄筋の位置まで到達
     ↓
鉄筋の不動態被膜が破壊される
     ↓
鉄筋の腐食が進行する(錆の発生)
     ↓
錆により、鉄筋断面積が小さくなる
     ↓
錆により、膨張圧が発生しひび割れ及び
表面の剥離が起こる
     ↓
発生したひび割れにより、鉄筋の腐食を助長

ひび割れ、表面剥離の損傷を見ただけでは、
原因が中性化によるものかは判断できませんので
中性化試験によって判断します。

2020 年 7 月 15 日 水曜日
圧縮強度試験

コンクリート建築物は設計時にコンクリートの設計基準強度が定められております。
施工されたコンクリートが設計で定めた強度を満足しているかどうか、コンクリートコアを
採取し圧縮強度試験を行って判断します。
コンクリートコアは、基本的にJIS規格に準じて採取します。

efbd94efbd82e794bbe5838fefbcbfe382b3e382a201 dscf0019e381aee382b3e38394e383bc e38394e383bce382b9

コンクリートコアによる圧縮強度試験では実際の構造体中から
切り取ったコア供試体によりその構造体コンクリートの
強度を直接的に確認することができます。既存構造物の耐久性診断や
耐震診断、あるいは新設の構造体に打ち込まれたコンクリート検査などの
目的で試験を実施します。

圧縮強度試験方法
採取したコア供試体に圧縮力を載荷した際の最大荷重を求め、その供試体の断面積で
除して圧縮強度が算出されます。高さと直径との比(h/d)が1.90より小さい場合には
試験で得られた圧縮強度に補正係数を乗じて直径の2倍の高さをもつ供試体の強度に換算した
補正圧縮強度が算出されます。
圧縮強度試験に用いられたコア供試体を用いて静弾性係数や中性化深さ、
コンクリート中に含まれる塩化物量などを測定することもできます。

dsc06744a p1120663e381aee382b3e38394e383bc dsc08437

2020 年 7 月 10 日 金曜日
耐力度調査

耐力度調査とは老朽化した建物に対して建物の構造耐力、経年による耐力低下、
立地条件による影響の3点の項目を総合的に調査し、建物の老朽化を総合的に
評価するものです。
また、所要の点数に達していないものを危険建物改築事業(構造上危険な
状態にある建物の改築)の対象としています。
文部科学省における公立学校建物の耐力度調査の実施方法については、
『公立学校建物の耐力度調査実施要領』に準じて行います。
弊社では、耐力度調査業務も承っております。
dscf0192 dscf4694 dscf46851

dscf4698 dscf4699 dscf4696

efbd94efbd82e794bbe5838fefbcbfe382b3e382a201a1 dsc06744 dsc067891

2020 年 6 月 30 日 火曜日
塩化物イオン濃度測定

硬化コンクリート中に存在する塩分は、コンクリート製造時の
使用材料(セメント、砂、混和剤及び練混水等)に含まれるものと
環境要因(海水、海塩粒子の飛来又は凍結防止剤等)から、
もたらされるものがあります。
硬化コンクリート中に一定量以上の塩分が存在すると
コンクリート中の鉄筋腐食が促進され、発生した錆の膨張圧による
コンクリートのひび割れ及び剥落、さらに鉄筋自体の
断面欠損などによってコンクリート構造物の耐久性を低下させてしまいます。

コンクリート中の塩化物イオン濃度測定を行い、適切な補修を行うことで
コンクリート構造物の安全性が図れます。

調査方法
1.鉄筋探査
 非破壊探査機を使用し鉄筋位置を出します。
2.コンクリートコア採取
 1で出した鉄筋に干渉しない位置でコンクリートコアを採取します。
3.試験
 2で採取したコンクリートコアを使用し、公的機関にて塩化物イオン濃度測定
 を行い、検査結果をご報告させていただきます。

2020 年 6 月 18 日 木曜日
ウォールソーイング【低騒音特殊解体】

ウォールソーイングとは、壁・階段・柱等を
切断できる工法です。
コンクリート部材の切断面に沿って走行レールを設置し、
そのレールにウォールソーマシンをはめ込み、冷却水をかけながら
ダイヤモンド・ブレードを高速回転させて切断します。
ウォールソーイング使用状況

【 用途 】
・窓枠、ドア取付けに伴う建築物の切断工事
・ビルなどの改修、耐震補強工事
・トンネル、橋梁、防波堤、ダムなどでの切断工事
・コンクリート建造物などの改修、解体工事
【 利点 】
・ダイヤモンドブレードを使用するので切れ味が鋭く切断面が滑らか
・レールに設置し直線的に切断できるので切断精度が高い
・道路カッターが入れない狭い床版部分も切断できる
・破片が飛び散らない
・重機が載せられない場所でも軽量なので作業可能

弊社では、ウォールソーイングを使用した工事も
承っております。
一度、お問い合わせください。

2020 年 6 月 15 日 月曜日
建物構造

鉄骨造(S造)
主要な骨組み部分に形鋼・鋼板・鋼管等の鋼材を用いて
組立てた構造
軽量かつ靭性に富んだ構造が可能で高層建築に用いられます。
鉄筋コンクリート(RC造)
鉄筋コンクリートは、圧縮に強いが引張り弱いコンクリートに、
引張りに強い鉄筋を補強して一体とした構造体です。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
鉄骨の骨組の周囲に鉄筋を配し、コンクリートを打込んだ構造
鉄筋コンクリート造に比べて小さな断面に多量の鉄材を収められる
という利点があり、また耐力と粘りがあるため高層建築に利用されます。
ALC造
オートクレーブ(高温高圧蒸気養生)して作った気泡コンクリート造です。
軽量で断熱性・耐久性に優れ、内外壁・屋根・床等に使われる構造です。

弊社では、建物調査も承っております。
一度、お問い合わせください。

2020 年 6 月 11 日 木曜日
アスベスト含有調査

所有している建物にアスベストが含まれているか
どうか調査が必要な場合があります。
例えば建物の解体・改修を行う場合には
「事前調査」として法で定められており、建物の
売買貸借等に於いてもその結果の報告を求められることがあります。
①建物の解体や改修をする場合の規制
・石綿障害予防規則第3条によりアスベストが使用されているか
 どうかを調査する必要があります。さらに大気汚染防止法でも、
 アスベストを含む吹付け材または保温材等があるかないかの
 調査を工事の受注者が行い、工事の届出を発注者が行うことに
 なりました。
・工事の発注者(通常は建物の所有者)は解体工事等を契約する際に
 アスベスト使用状況の情報を施工業者に提供するように規定されています。
・アスベストが使用されている場合の工事に対して、費用や工期について
 法を守れるように配慮する必要があります。
②使用中の建物に対する規制
既存建物にアスベストを含む吹付け材がある場合には、下記の対応が必要となります。
・痛みがひどい場合は、アスベスト飛散のおそれがあるため除去、封じ込め、
 囲い込み等の措置が必要です。
・天井裏で空調・電気工事を行う場合にも、吹付け材にアスベストが含まれていることを
 工事業者に通知する必要があります。
③建物を売買、貸借する場合の規制
・契約時にアスベストが使われているかどうか調査が行われていれば、その結果を
 報告する必要があります。

p1070779 p1070780 p1070788

弊社では、アスベスト含有調査も承っております。
一度、お問い合わせください。

2020 年 6 月 9 日 火曜日
クラック調査

コンクリート構造物は健全なものでも、年数が経過すれば
ある程度のひび割れは避けられません。
ひび割れは、多くの原因が複雑に絡んで生じます。
構造ひび割れ(せん断ひび割れ・曲げひび割れ)によるものか、
変形(不同沈下など)によるものか、乾燥収縮・劣化によるものかは
目視観察によりある程度の判断は可能です。
調査結果はクラックスケール・目視などにより、ひび割れ幅・長さを
立面図に記入します。
構造的に重要な影響を与えるようなひび割れが、多く観察された場合は
別途詳細な調査を行う必要があります。
鉄筋コンクリート構造物のひび割れは、鋼材の腐食による耐久性の低下、
水密性・気密性などの機能の低下、過大な変形や美観の低下などを
引き起こします。
【クラックの種類】
・ヘアークラック:髪の毛のような細く、短いひび割れの総称。
・乾燥クラック:モルタルなどの湿式工法による外壁材は、
        その乾燥過程で水分の蒸発などにより収縮が生じ、
        ひび割れが起こります。
        乾燥クラックは、そのひび割れ幅が狭いのが特徴です。
・構造クラック:建物の構造的欠陥、凍結と融解の繰り返し、建物の
        不同沈下などから発生するひび割れです。筋交い等の
        不足など構造的な欠陥から建物が大きく揺れたり、歪んで
        しまったりするため、その歪力が外壁材に働き、外壁材に
        ひび割れをもたらします。
・縁切りによるクラック:モルタルなど湿式工法の外壁材は一度に一面を仕上げます。
            途中で作業を中止したり、部分的にやり直したりしますと、
            新旧の塗り継ぎ面にひび割れが生じます。

弊社では、クラック調査も承っております。

2020 年 5 月 29 日 金曜日
定期点検

多くの人が利用する建物が地震や火災に見舞われてしまったら
大惨事を引き起こす恐れがあります。
このような危険を防ぎ、建物を安全で快適に使い続けるためには
定期的に点検を受ける必要があります。そのため建築基準法では、
多くの人が利用する建築物等について、その所有者や管理者が
定期的に専門技術者に安全性を調査及び検査させ、その結果を
特定行政庁に報告するよう定めています。
これが「定期報告制度」です。建築物の所有者及び管理者の
社会的責任として災害の防止に努め、利用者の安全を図っていただく制度です。

対象となる建築物等は地方自治体のホームページにてご確認ください。
特殊建築物
学校(専修学校及び各種学校を含む)、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、市場、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、旅館、共同住宅、寄宿舎、下宿、工場、倉庫、自動車車庫、危険物の貯蔵庫、と畜場、火葬場、汚物処理場その他これらに類する用途に供する建築物

建築基準法における定期報告制度
建築基準法第12条においては、
①建築物
②建築設備(給排水設備、換気設備、排煙設備、非常用の照明装置)
③昇降機等
④防火設備

建築設備とは
建築物に設ける電気、ガス、給水、排水、換気、暖房、冷房、消火、排煙若しくは汚物処理の設備又は煙突、昇降機若しくは避雷針をいいます。

dscf0540 dscf0327 dscf0281

弊社では、定期報告に必要な定期点検を承っております。
一度、お問い合わせください。

施工エリア

京都府(京都市(北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区)、宮津市、京丹後市、与謝町、福知山市、舞鶴市、 綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町、向日市、長岡京市、大山崎町、久御山町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、精華町、井出町、綴喜郡、木津川市、相楽郡) 大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県の関西エリア一円 愛知県、名古屋、三重県、福井県 etc...

営業品目